物理的領域の因果的閉包性


アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第115回 「まるあさん」

2017-08-26 インタビュー


アニメの感想をブログやツイッターで表現されている方々に質問して答えてもらう
『アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』
第115回はまるあさん @3devils_whisper です。


アニメを好きになったきっかけを教えてください。

元々、美術や映画が好きで歴史を遡ったり最新を追ったりしていたのですが、そうする中で、シュヴァンクマイエルやブラザーズ・クエイ、ロッテ・ライニガーやカレル・ゼマン、ノーマン・マクラレンやライアン・ラーキンにルネ・ラルーと、アートや映画の歴史の中で触れた大切な作品がたくさんありまして。
そこで、次は現代アニメに手を出してみよう、やるからには徹底的にやろう、と観始めたのがきっかけです。カルトや実験映画が好きなので、アニメにハマる素養はあったのだと思います。また、音楽と文学に気持ちと時間の多くを使ってきたので、そこにもアニメとの親和性があったのは間違いないです。


好きなアニメ作品を教えてください。

あまりに数が多いので、現時点での人生のトップ3を。一番好きなのはプリパラで間違いありませんが、戦姫絶唱シンフォギアと魔法少女まどか☆マギカは、どちらがといえないくらいに好きです。


好きな作品の中から1つ選んで、好きな理由を教えてください。

プリパラ。ここには、人生のすべてがある。アンダーグラウンドやエルトポのような、観ると今改めて生まれ直したかのような感覚に包まれる圧倒的な映像体験が好きなのですが、それをたった30分間で体感させてくれるんです。それも毎週新しいお話で。
すべてを語れるほどを経験し生きた訳ではないのですが、今の私なりの解釈の結論です。


主に作品のどういう部分に注目しますか?

演出と脚本ですね。加点方式で観ているので、基本的には余程の事がない限りは全作品を最終話まで楽しんで観れます。ですが、ここが駄目だと、何が起こっても、ふーんとかうーんとなるような事態に陥る可能性があるので、重要視しています。
どれだけ様々な事情があっても最終的には監督の責任なので、森脇真琴さんであれば信じられるという意味では監督に注目していますが、それはさすがに限定的過ぎますので。


あなたにとってアニメとは?

今、自分の感覚の多くを向けられる、受けられる、出せる、預けられるもの。双方向に。プリパラは祈りと赦し、そして信仰です。


感想(考察)を書こうと思ったきっかけを教えてください。

毎クールのアニメのほとんど全部の視聴と並行して、毎日必ず旧作から1作品(1クール分)を通しで観る生活を続けていたら、観るだけではこれ以上は楽しめないし理解も深まらないという事と、円盤の購入はしていても結局は何かを受け取るだけでは面白くないなと思ったのがきっかけです。


感想(考察)を通して何を伝えようとしてますか?またどう伝えようとしてますか?

何か1%でも伝えられたら、ほんの少しでも感覚を共有出来たらと思って一生懸命に書いているだけです。


あなたにとって感想(考察)とは?

最大公約数


好きなキャラ・制作会社・スタッフを3つ(3人)ずつお願いします。

この答え方で。作品と合ってるか、誰も想像が出来ないくらいの化学反応で魅せてくれる事を期待します。


影響を受けたブロガーと読んで影響を受けた記事を教えてください。

絶対に真似をしない、というのは大前提ですが、最初の頃に影響を受けたり目標としたのは、MHさんとChelさん。ステラのまほうと終末のイゼッタだったと記憶しています。


BD・DVD以外に購入するものは?(イベント参加可)

CD全部と、ライブがメインのイベントは基本的に参加しています。


あなたが感想を書いていくためのモチベーションは、どこから湧いてきますか?またモチベーションを維持する方法など
 
自分が常にもっともっと面白いと思えるものを書きたいという気持ちと、それを読んでくれる誰かがいるという事です。何事にも自分なりの意味と理由とビジョンと目的と価値を見出せれば続くと思います。続ける、という事自体がその方法なのです。


宣伝・アピール欄

まず、推薦してくれたクロスケさんに大きな感謝を。ここまで読んでくれたあなたに、ありがとう。
そして、いつも一度でもツイートを読んでくれたあなた方がいてくれたからこのような機会に恵まれました。私を見つけてくれて、見続けてくれて本当にありがとう。
Twitterで毎日、あろまみかる@3still_standingと、まるあ@3devils_whisperで何かを伝えようとしています。一瞬でも、何か一言でも届いたら私は嬉しい。よかったらお気軽にフォローしてください。
スムーズに通してくれたぎけんさん、ありがとうございました。



・ インタビューにご協力頂きありがとうございました

関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.