物理的領域の因果的閉包性


これからとここからのマイエピソード5選

2017-09-09 ベストエピソード


■ writing by あっつさん @riot_bbproject


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期 #28 「夜明け前の戦い」

監督:長井龍雪 脚本:鴨志田一  絵コンテ:寺岡巌 演出:うえだしげる
キャラ作画監督:小谷杏子 メカニック作画監督:大張正己


夜明けの地平線団との戦い、彼等は太陽になれたのか。オルフェンズを観てきた中でぶっちぎりなMS戦。主観視点のシーンや大張さんの描くバルバトスが物凄くかっこよかったり、相手MSの盾の凹みだったり、何よりも絵コンテが寺岡さんなので迫力がある。鴨志田脚本は癖になる台詞があったりキャラの掛け合いが面白い。一番その鴨志田節が光った回でもあったと思う。


真ゲッター対ネオゲッターロボ (OVA) #1 「出撃!!ネオゲッターロボ!」

監督:川越淳 脚本:藤田伸三 メカ作画監督:田中良 キャラ作画監督:鈴木藤雄


原作であった武蔵の死を忠実に映像化。冒頭7分ちょっとそこにはロボアニメファンなら必ずは目にして欲しい、台詞も必ずいいとするものがある。合体の美学から破壊の美学。散りゆく最後は何度目にしても"カッコイイ"の一言しか出てこない。叫んで!変形して!また叫ぶ!
操縦官を前に出せば飛び出して変形している!こんなにも男心を擽る物はない。


勇者王ガオガイガーFINAL 最終話 「神話 マイソロジー」

監督・絵コンテ・脚本・演出:米たにヨシトモ キャラ作画監督:木村貴宏 メカ作画監督:仲谷誠一


言うまでない。叫ぶ!吼える!大きく勇気を振りかざす! 仲間の勇気と仲間の命と絆がファイナルフュージョン!TVシリーズから最後までそして最後からがクライマックス。勇気を忘れないで。


バディ・コンプレックス #8 「嵐の夜」

監督:田辺泰裕 脚本:木村暢 絵コンテ:宮浦栗生 演出:ところともかず
キャラクター作画監督:稲吉朝子、越智博之 メカ作画監督:山根理宏


敵と味方が離島で一夜を過ごす。こう言うのが大好きなんだと気付かされた話。
今では有りがちな話、と片付けそうな話でもそれがどの作品か?何て事はすぐに頭には出てこない。でもバディコンプレックスだけはそれだけ印象強く今でもその手の話題が上がれば思い出す。SFとしてもかなりの完成度が高くタイムトラベル物としても凄く面白い。


AIR #1 「かぜ~breeze~」

監督:石原立也 絵コンテ・演出:石原立也 脚本:志茂文彦 作画監督:米田光良


"夏"をこれだけ表現しきれたアニメをそれまで見たことが無かった。陽射しにあたる。影が濃くなる。"何か起こるかも知れない"そんなドキドキとワクワクを目の前の長いようで短い夏休みのあの頃を思い出させる。何気ない動作ひとつとってもコミカルで台詞は特徴的で可愛い。じりじりと暑いアスファルト、涼しさを運び髪を揺らす風。この作品全てが好きなので1話を選定。



関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.