物理的領域の因果的閉包性


プリンセス・プリンシパル 第10話 『case22 Comfort Comrade』

2017-09-11 2017


脚本:大河内一楼 コンテ:内藤明吾 演出:黒部万太郎、鈴木拓磨 
作画監督:坂井翔太、松尾亜希子、新井博慧、鶴窪久子、飯田剛士、小堺能夫、金丸綾子



12月25日がキリスト誕生の日というのは後付けで、旧暦の冬至に太陽神を信仰していたというのが本来の理由。
年代記によるとクリスマスという用語が初めて使われたのは1043年、この頃ローマからイギリスに入ってきた。

アンジェと委員長、ドロシーの3人だけが残った、つまりドロシーは3位。でもコントロールは2位を選ばない。
委員長の精神的な弱さを見抜いていたのか、アンジェとの相性を考えてのことなのか、なんとも数奇な運命です。
努力を重ねて1位を目指していたというよりも、「委員長」というレッテルが2位を持続させていたように思える。
スパイ訓練に身を捧げないと、虚勢を張り続けないと残れない。そんな不器用なところが強さであり弱さだった。

第6話で母の名前を使い父に弱みを見せていたドロシー。アンジェほど強くはないところを見せてからの第10話。
優しさを分け与えられる。そういう部分に委員長は憧れたのだろうし、ドロシーがまとめ役であることも頷ける。
『彼女は、私がなりたくてなれなかった私なんです。』このセリフはドロシーのことを指していた。クリスマス。
12月25日は太陽が闇に勝った日、再生の日として祝われていた。委員長もどこかで生まれ変わってるといいな。


関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.