物理的領域の因果的閉包性


【ブログ】 お気に入り記事10選

2017-09-13 その他


『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』 第21話 「ラグナレク の 接続」 感想 - メルクマール

まずは我らが師匠メルクマールさんのギアスR2記事。集合的無意識から経済の話になって最後はディストピア論。
かなりの情報量ですが、コンパクトでわかりやすく読みやすい文章で綴られている。今でも憧れている完成形です。


[アニメ]君に届け 第5話「決意」 - 所詮、すべては戯言なんだよ

良い記事はいくつもあるんですが、この頃が一番アブラがノッてたというか、原作読まずにここまで書けるのかと。
キャラの心理にダイブして想像をふくらませると大抵はただの妄想で終わる。そうならないところが上手いんですよね。


2009年アニソン - Daisukのよ~わからへん!

OP/EDだけで記事が書けるんだということを教えてもらったのがDaisukさんの記事。これはアニソンのまとめ記事。
今読んでも参考になることが多いので、こうやって残してもらえてるのはありがたいですね。更新再開してほしいです。


イヴの時間 オフィシャルファンブック - 在宅アニメ評論家

nobumaさんの記事でイヴの時間を知りました。これはオフィシャルファンブックのレビューですが、WEB版・劇場版
それぞれ記事があるので全部読んでほしいです。現在はアイカツのみの更新ですが、今でも現役なのはすごいです。


輪るピングドラム 第9話「氷の世界」 - アニメレビューCrossChannel.jp

今も現役といえばCrossChannelさんもそうですね、昔はスタッフの名前をまったく知らなかったので参考になりました。
大量にある記事の中からひとつを選ぶのは非常に困難ですが、個人的に好きなピンドラ9話の記事を取り上げました。


アニメ考察記事が減ってきているのではなく、目立っていないだけだと思う、とかそんな話 - 隠れてていいよ

2012年6月の記事。情報が古い部分もあります。でも埋もれているだけ、見つけられないだけで考察はいっぱいある。
それは5年後の今でも変わらないと思っています。ブログに限らずツイートを見ると前より多いと感じるときがありますね。


アニメの評価を客観視できるいい指標はないものか?いや、そもそもそんなもの必要か? - アニメヲススメ

これは誰もが一度は悩むこと。これに触れておけば、この情報を集めれば読み手によりわかりやすい評価の対象になる。
そういった基準があればいいという記事。逆にそれがないから様々な楽しみ方ができるとも言えますが、あれば楽ですよね。


話数単位で選ぶ、2015年TVアニメ10選(話数ごと1000文字のコメント付き) - あにめマブタ

他にも良い記事はたくさんありますが、まとまっていて読みやすい(長いのは読むのが面倒とは言っていない)のがこれ。
「なぜ?」「どうして?」という部分が簡潔に綴られていて好きです。新聞のコラムを読んでるような文章も好きなところ。


石浜真史さんの映像と演出について - Parad_ism

石浜さんに関する記事はいくつかありますが、新しい作品も含まれた記事ってあまりないんですよね。わかりやすい記事。
旧ブログにあるあいうら記事も好き。shiroooさんなりのこだわりや譲れない感情がヒシヒシと伝わってくるところが好き。


『響け! ユーフォニアム』の2年生組の関係性が尊すぎて生きるのがつらい! - 新・怖いくらいに青い空

原作に関する記事ですが、アニメを見終えてから読むとより感慨深い。九州人さんの情熱あふれる文章も良いですね。
普通は情熱が先走ると記事として成立しないことが多い。でもこの記事はバランス感覚や整合性が秀逸で素晴らしい。



関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.