物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ツイート】 お気に入りツイート10選

2017-09-14 その他




声優さんに興味を持ったときにこれと同じ考えをした時期がありました。今まで楽しめなかった作品も楽しめる。
今期でいえば「はじめてのギャル」のようにちょっとお下品な作品に好きな声優さんがはじめての主人公を演じる。
もちろんユニット以外ではじめてという意味ですが、ツイッターで一生懸命宣伝したりリアルタイムで実況したりする。
そんな健気な声優さんを見てると不憫に思えてくるんですよね。応援したいというより見ていて悲しくなってくる...。
「クイーンズブレイド」みたいなバトルモノだったらお色気満点でも見れるのに、この作品は何か少し違う気がする。
たぶん中途半端なんでしょうね、楽しめる作品が増えても苦手なものは苦手。でも多くを許容したいという気持ちはある。





今まで憧れの存在だったコウと一緒の職場になって働いていくうちに気づけばライバルになっていた。
基本青葉視点で作品は進行するから、そういった現実に視聴者もなかなか気づかない。このへんが上手いところ。
なんとなく働いてる楽しい職場を描くだけじゃないんだ、ってところが衝撃でしたね。2話からのEDもすごく良かった。






こちらも同じくNEW GAME!!第2話のツイート。確か1期でも屋上のシーンはあったと思いますが、この視点はなかった。
シリアスな展開だったから余計にそう見えた部分もあると思います。いちじろーさんならではの視点でとても良かった。
思えば普段青葉たちが働いてる場所ってカラフルで、華やかで、いかにも女性の職場って雰囲気の場所が多かった。
演出的にもそういったギャップを見せたいという意図があったのかもしれませんね。とても勉強になるツイートでした。





確かに第2話の祐さんは良かったですね、このあとゲス顔が多くなってしまいますけど。ほっこりエピソードでしたね。
自分は女の子大好きなのでどうしても亜玖璃目線で見てしまう。髪色とかメイクとか服装とか苦労したんだろうなとか。
なので祐視点は当たり前のようで個人的にはなるほど、とこのツイートを見て思った。恋もリスポーンを狙い撃ち!!





サクラクエスト第18話のツイート。「地域で踏ん張っている人たちがおれば文化は続いていく」確かにその通りです。
現在第24話まで放送されましたが、地域で踏ん張るというのはこの第18話から新しくなったテーマだと思っています。
所詮はよそ者の集まり、でもそこに根を下ろして間野山のために何かをやる。それだけを描いているのになぜか尊い。





こちらもサクラクエストに関するツイート。教授のモデルと思われる梅棹忠夫さんを調べてもらうとわかりやすいですが、
「今」の積み重ねが歴史になる、それを亡くなるまで徹底してやり遂げた人なんですよね。尊敬できる生き様なんです。
「地域や世代の差に揉まれながら明日を紡いでいく」という響きがとても素敵ですね、作品を象徴するような一文です。





個人的に「月がきれい」はそんなにハマれなかったというか、純粋な心を忘れてしまった除草剤のような人間から見ると
足の踏み場のないお花畑を歩いているようで気が引けるんですよね。田園を駆け巡るほうが性に合ってる気がしてくる。
でもこれを読んだときにその景色がパッと浮かんだんですよね。作品を語るとはこういうことかと、そう感じました。





それぞれが自分の好きなこと、やりたいことをやる。すごく当たり前で単純なことなのに、この作品では特別に思えてくる。
それを象徴するようなツイートですね。話数全体を両手で優しく包み込むような文章、とても素敵なツイートだと思います。
どうやったらこんな文章が書けるのか脳神経外科の先生に聞きたい気分です。何を食べたら書けますか?って聞きたい。





自分の個人的で身勝手な観測範囲を基準にしてるだけなのに、いかにもすべてを知ってるかのような言い回しをする。
どんなに下調べをしていても、どんなに客観的な評価を集めたとしても、その人から発せられる意見は一個人でしかない。
そんなことも理解もできていないのに、まるで神の視点から作品を語ってるように主張する人がたくさんいる。滑稽です。
みらさんが言ってるように、単純に考えて比率が違うだけなのに、名作とかカルトとかそういうレッテルをすぐ付けたがる。
だから注目を集めてるだけの評論家は嫌いだし、自分が信頼してる身近な人たちを信じたほうがマシだと常に思っている。





はにわさんのツイートに通ずるものがあって、人気のあるものには理由があるから、知らずに遠ざけるのは少し違うと。
直感的な好き嫌いはあったとしても、例えばキャラデザが苦手で気が向かなかった「屍鬼」は、見てるうちに慣れたし。
実際に触れてみないとわからないというのはその通りだと思っています。苦手を克服できるチャンスになるかもしれない。
作品だけではなく、企画に参加するとか同人誌に寄稿するとか、ちょっと苦手なこともやってみないとわかりませんよね。



関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。