物理的領域の因果的閉包性


プリンセス・プリンシパルのここがすごい!

2017-09-27 2017


プリンセス・プリンシパル 第1話『case13 Wired Liar』でアンジェがエリックを撃つときに言った「いいえ」
それ以降「いいえ」というセリフが出てくると身が引き締まる思いなのですが、このセリフは何度使われたのか?
第2話以降で「いいえ」が使われたのは第8話『case20 Ripper Dipper』と最終第12話『case24 Fall of the Wall』
この2つの話数しかありませんでした。ではどういうシーンで使われたのか、おさらいをしてみたいと思います。




まず第8話。親方を外に投げつけジュリに孤児院の紹介状を渡したあと、親切にする理由を聞かれて答えるアンジェ。
そしてジュリの「失敗しちゃったけど... 」というセリフに対しての「いいえ」。心配しなくても大丈夫といった感じ。
また、ジュリから話の続きをお願いされて王女様と離れ離れになった経緯を話すアンジェ。その話を聞いたジュリは
「可哀想な王女様... 」と悲しげに言う。それに対して感情を抑え気味に少し儚げな印象のあるアンジェの「いいえ」。




そしてピアノ演奏後にオライリー卿と会話するプリンセス。「自首を勧めていらっしゃるのですか、プリンセス... 」
オライリー卿の問いかけに優しく、どこか冷淡で少し芯のある口調で答えるプリンセスの「いいえ」。8話には3ヶ所。




次は第12話。新王室寺院の部屋に通され、差し出されたスコーンを皆で一緒に食べようと提案するプリンセス。
「高々4、5人の空腹を満たしたところで... 」とゼルダが言い切る前に制止するように言ったプリンスの「いいえ」。

第2話から第12話の間で使用された「いいえ」はたったの4回。しかもアンジェとプリンセスだけしか言っていない。
キャラの雰囲気や立場的な関係はあったとしても実際の印象より少ない。また第1話はラスト以外にも使われていて、
西側に向かう途中でドロシーの車と行き先を変更したときにエリックが言った「エイミーを迎えに行ったのか?」
それに対する冷酷で無感情なアンジェの「いいえ」。全話数を通しても6つのシーンにしか使わていませんでした。

第1話でインパクトの強い「いいえ」を印象付けておいて、大事なところでしか使われない「いいえ」というセリフ。
これだけでも時系列をシャッフルした意義はあったと思うし、アンジェとプリンセスしか使わないところも効果的。
しかも言った相手を否定するためだけではなく、嘘をついた自分に対する後ろめたさも感じさせる素晴らしい3文字。
嘘という言葉も効果的に使われていましたが、この「いいえ」も注目してほしいセリフ。全話通して楽しんでほしい。



関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.