物理的領域の因果的閉包性


アウトライターズ・スタジオ・インタビュー 第156回 「メ之助さん」

2019-01-31 インタビュー


アニメの感想をブログやツイッターで表現されている方々に質問して答えてもらう
『アウトライターズ・スタジオ・インタビュー』
第156回は メ之助さん @japanoff です。


アニメを好きになったきっかけを教えてください。

昔は、チェコアニメ(例えば、カレル・ゼーマン)など実験的な海外アニメーションが好きな一介の文学青年でしたが、確か「キルラキル」放送前後の頃から、いわゆる深夜アニメをリアルタイムで視聴するようになりました。


好きなアニメ作品を教えてください。

「魔法のチョーク」
「エスパー魔美」
「MEZZO FORTE」
「ベルヴィル・ランデブー」
「花とアリス殺人事件」

これを記述している現在の気分だと、この5作品です。
明日になれば、また変わっていると思います。


好きな作品の中から1つ選んで、好きな理由を教えてください。

「MEZZO FORTE」

アダルトOVAという傍流のフィールドで、これほど面白い作品が作れるのかと衝撃を受けた作品です。
個性的なキャラの掛け合い、テンポの良い軽快なストーリーテリング、美麗な作画に裏打ちされたフレッシュなアクションなど、娯楽作品としてのバランスが素晴らしいです。


主に作品のどういう部分に注目しますか?

正直なところ、作品を見る際、何かを強く意識したり、構えて見ることは、ほとんどありません。
ただ、作品を面白くするための工夫を、どこまで制作側が自覚的に実践できているのかを、技術的な観点から見る癖が染みついてしまっているため、プロとしての仕事ぶりに注目している、という言い方は可能かもしれません。

脚本の観点に絞っただけでも、主人公の魅力、キャラの出し方・動かし方、会話のテンポ、小道具の使い方、アクションの動機づけ、感情遷移、トップシーンの効果、各話単体・シリーズ全体の構成、作品コンセプト・ジャンルに対する適切なアプローチ、セリフの逃がし方、画を使った語り方、省略の技法など、判断のポイントは無数にありますが、強いて挙げるならば、特に「セリフの技術」に注目しています。


あなたにとってアニメとは?

娼婦


感想(ツイート)を書こうと思ったきっかけを教えてください。

ストーリーに着目した感想は無数に見かけても、シナリオの技術面に着目した感想は見かけたことがなかったため、ためしに自分の技術観を通して見た感想を伝えてみようと思ったのがきっかけです。


感想(ツイート)を通して何を伝えようとしてますか?またどう伝えようとしてますか?

内容そのものよりも、いかに面白く見せるために工夫されているのか、そのプロの仕事ぶりを伝えようと(しているつもりはありませんが)しています。
そのため、特定のジャンルに拘泥することはありません。


あなたにとって感想(ツイート)とは?

余技


好きなキャラ・制作会社・スタッフを3つ(3人)ずつお願いします。

【キャラ】
・野原しんのすけ(クレヨンしんちゃん)
・七咲逢(アマガミ)
・無名(甲鉄城のカバネリ)

【制作会社】
・マッドハウス
・Production IG
・マングローブ

【スタッフ】
・神戸守
・梅津泰臣
・村元克彦


影響を受けたブロガーと読んで影響を受けた記事を教えてください。

特にありません。


BD・DVD以外に購入するものは?(イベント参加可)

シナリオ本?


あなたが感想を書いていくためのモチベーションは、どこから湧いてきますか?またモチベーションを維持する方法など
 
面白いものに対する愛情と、面白くないものに対する憎悪から。


宣伝・アピール欄

「響け!ユーフォニアム」感想まとめ
https://togetter.com/li/889093
https://togetter.com/li/849547

いつも応援ありがとうございます。


・ インタビューにご協力頂きありがとうございました

関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.