物理的領域の因果的閉包性


【2019春】 深夜アニメOP5選

2019-05-16 OP・ED選


◆ ひとりぼっちの○○生活 OP 『ひとりぼっちのモノローグ』

コンテ:安齋剛文 演出:矢吹勉 作画監督:中村佑美子、齋藤温子 総作画監督:田中紀衣
作詞:安藤紗々 作曲:田之上護 編曲:松田彬人 歌:一里ぼっち、砂尾なこ、本庄アル、ソトカ・ラキター



本庄アルが歌ってるときの砂尾なこの興味無さそうな目、残念だなーと言って夫婦漫才が始まりそうな雰囲気。
寝ている一里ぼっちに「モノローグじゃなくて届けましょ!」と3人が語りかける場面が何度見てもグッと来る。
最後ぼっちが虹の滑り台から飛んで後方2回宙返りしてからキレイに着地し踏ん張るところの表情がとても好き。


◆ 鬼滅の刃 OP 『紅蓮華』

コンテ・演出:外崎春雄 作画監督:松島晃
作詞・歌:LiSA 作曲:草野華余子 編曲:江口亮



今のところ禰󠄀豆子以外は眼中にない。鬼に成りたての禰󠄀豆子、兄炭治郎と一緒に戦うときの禰󠄀豆子。表情の違い。
鬼成分が強いと顔にスジがいっぱいできるのだが、OPでは人間味の強い表情をしてるところが印象的。鬼カワイイ。


◆ 世話やきキツネの仙狐さん OP 『今宵mofumofu!!』

コンテ・演出:直谷たかし 作画監督:久保茉莉子、小倉寛之 総作画監督:大島美和
作詞・作曲・編曲:Agasa.K 歌:仙狐、シロ



中野のモフリティ推しには辟易してるが、仙狐さんとシロがモフモフ言うだけでカワイイ。はやくウチにも来てほしい。
高円寺が本物の主人公だと思い込むことで視聴意欲を保持しているが、高円寺におかえりなのじゃ!は必要ないのじゃ。


◆ ぼくたちは勉強ができない OP 『セイシュンゼミナール』

コンテ:松竹徳幸 演出:佐久間貴史、吉成鋼 作画監督:佐々木政勝
作詞:こだまさおり 作曲:山田高弘 編曲:齋藤真也 歌:Study[古橋文乃、緒方理珠、武元うるか]



登校前の準備をしている自分、家を出た自分、成幸と一緒にいる自分、勉強をしている自分、他の2人といる自分。
女の子は状況に応じて違う自分を持っていて、その状況に応じた表情や仕草を見せる。勉強になるOP映像ですね。


◆ 盾の勇者の成り上がり 後期OP 『FAITH』

コンテ・演出:和田慎平 作画監督:諏訪真弘、そらもとかん、世良コータ、﨑口さおり
作詞・作曲・歌:MADKID 編曲:MADKID、北浦正尚



落ち込む盾の勇者に涙する尚文に拾われる前のラフタリア、理不尽な支配に落胆する姿が短いカットの中で描かれる。
前半の12話を1分30秒で振り返ることができ、なおかつ今後の展開も予測させる勇者より優秀なOP。これが総合芸術。


★ ED記事はこちら → 【2019春】 深夜アニメED5選


関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.