物理的領域の因果的閉包性


2019年版どろろの結末について

2019-06-26 2019



2019年版どろろはハッピーエンドだったのか、そもそもどういう物語だったのか、簡単に説明できればと思います。
時代設定は室町時代の中頃とのことですが、史実と照らし合わせると説明がややこしくなるのでここでは省きます。
ご存知の通りこの物語は醍醐の領主:醍醐景光が「天下に名を轟かせたい」と望み鬼神と契約するところから始まる。
醍醐領は鬼神に守られ、その代償として百鬼丸が犠牲になり、寿海に拾われ、鬼神と戦い、身体を取り戻すお話。

ではなぜ生みの母である縫の方、育ての母とも言える寿海、次男である多宝丸が死ななければならなかったのか?
この3人は鬼神との契約によって間接的に犠牲になった哀れな人たちなんですよね。百鬼丸を救えなかった悲しみ、
争いで人を殺めてきたことによる罪悪感、生まれながらにして本来あるべき愛情を受けられずに育った景光の次男。
それぞれの人物に焦点をあてると死ななければならないほど悪い事はしていないし、やれることはやってきた人たち。
でもいくら努力しても贖えないほど契約の代償は大きかった。人として生きる事を許してもらえなかったんですよね。
だから多宝丸を受け入れる形で共に人間であることを再認識して死を選択する必要があった。端的に言えば贖罪です。




人として生きる事を許してもらえなかった一番の犠牲者は百鬼丸。身体を取り戻し、どろろがいたから改心できた。
最後まで抗う景光に「人として生きろ」と言うのも今までの罪を償って人間に戻れという意味。すべては原点回帰。
人としての尊厳を失いかけながらも人として死んだミオの意思を受け継ごうと決意して罪を償う旅に出る百鬼丸。
父:火袋の遺産を受け継いで新たな一歩を踏み出そうと決意するどろろ。これから人としての生き方をやり直す。

個々のキャラクターに焦点を合わせると決してハッピーエンドとは言い切れない部分がありつつも前向きに生きる。
人であることをどれだけ自覚して罪を背負いながら前向きに生きられるか、そういう物語だったと自分は思います。


関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.