物理的領域の因果的閉包性


2020年秋アニメの総括

2021-01-22 2020

アサルトリリィ BOUQUET

白井夢結のルナティックトランサーは同じ百合ヶ丘女学院や他の学校のリリィも保持しているレアスキル。
ヒュージに近いエネルギーを人の身に宿す為、強く依存する相手が必要になる、と解説されています。
なぜ川添美鈴が夢結を選んだのか、なぜ一柳梨璃は夢結に引き寄せられたのかは定かではありませんが、
美鈴と梨璃のレアスキル:カリスマとの相性が良い、依存性の高いスキルを持つもの同士だから惹かれ合う。
そう考えると美鈴の異常なまでの偏愛っぷりや梨璃の強い愛情表現の裏付けになるような気がします。

とくに印象的だったのが最終話で結梨の夢を見るシーン。夢結は姉を失い、梨璃は妹のような存在を失う。
同じような境遇ですが、美鈴の声は聞こえない。梨璃は身代わりになった結梨のおかげで百合ヶ丘を救えた。
もし梨璃に妹ができるとしたらルナティックトランサー持ちになるだろう、でも美鈴と同じ結末にはならない。
夢結と梨璃が結びついたおかげで救えた現在、同じ過ちは繰り返さないというアンチテーゼが含まれる未来。
そういった先の展開も見せながら夢結と梨璃の関係性をしっかり描いてきた全12話は素晴らしい出来だった。



魔女の旅々

この作品における魔女はストライクウィッチーズの魔女とは少し違う。人とかけ離れた存在・象徴としての魔女
ではなく、映画 魔女の宅急便のように「人が持つ才能・特技の一種」としての側面を強調しているように見えた。
イレイナが魔女を目指すきっかけや5話で魔法学校を卒業した生徒がそれぞれの進路を決める様子から察すると、
職業としての魔女、なろうと思えば誰でも目指せる魔女見習い・魔女という位置づけが面白い。独特の世界観。
そういった世界観の中で出会う人や魔女たちの交流を、時にはユーモラスに、時には暗鬱とした雰囲気で描く。
話数別に見ると好みが分かれる展開がありつつも、全体で見ると「いい旅だった」と思える内容なのが、すごい。



ご注文はうさぎですか? BLOOM

安定のごちうさワールド、3期はそれぞれの成長を描きながら、関係性を濃密に描き、キレイに完結させてくれた。
とくに最終話のサブタイ「その一歩は君を見ているから踏み出せる」はチノ視点でありながらも、ココアやリゼ、
千夜やシャロ、マヤやメグ、青山さんや凛ちゃん、リゼの父やチノの母に至るまで、すべてに通ずる一言だった。
みんなの背中を見ながら一歩前へ、千夜とシャロは精神的に前進しつつも現状維持、それぞれの違いも楽しめた。



ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN

どうやったら大切な人たちを守れるのか、安定の尻描写や豊乳神の回を挟みながらも、揺るぎない良さがあった。
映像的にはCGパートが多くなり、2期までの水準と比べると劣ってはいるが、声優と尻に助けられた感はある。



GREAT PRETENDER

美術鑑定士のロンドン編もそれなりに良かったのですが、やはり最初のロサンゼルス編には少し負けるかな。
詐欺師の見せ場は駆け引き、そしてキャラ立ち。先の展開が読めなかったCASE1が一番って、すごい出オチ感。



おちこぼれフルーツタルト

下着やパンツを惜しみなく見せるきららアニメ。目の保養にはなったが、ダメな大人を見ていると悲しくなる。
キャラの可愛さ、ふともも、作画も安定して良かったので、次は日笠抜きで。(サビ抜きみたいな感じで)



関連記事


Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.