物理的領域の因果的閉包性


異国迷路のクロワーゼ 第10話 「魔術幻燈」

2011-09-05 2011



ic10-1.jpg


「幻影」 をフランス語でいうと ミラージュ【mirage】 となり、蜃気楼や幻覚のこと。
英語にすると イリュージョン【illusion】(幻影・幻想)、ビジョン【vision】(将来の構想・展望) という単語になります。
ジャンが生きていたら、クロードがどれだけ腕を上げ成長しているのかわかりやすいんでしょうが、いないから幻影と戦うしかない。
そこが切ないところですよね。看板は残されていますが、あくまで売り物であり評価するのはお客様。そして時が経てば朽ちるもの。

幻灯機や湯音の回想シーンでわかると思いますが、「幻影」 つまり夢やまぼろしは、追うだけではなく与えることも出来る。
「幻影」 を糧にして将来の構想や展望を広げること。ビジョン【vision】 には予見や先見、見通しや洞察力の意味もあります。
過去ばかりにとらわれず、未来に向けた視野も必要だということでしょう。クロードには早く 玄人【くろーと】 になってほしいですね。

関連記事

テーマ: 異国迷路のクロワーゼ
ジャンル: アニメ・コミック



コメントの投稿

非公開コメント

Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.