物理的領域の因果的閉包性


スポンサーサイト

-------- スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うさぎドロップ 第11話 「はじめの一歩」

2011-09-16 2011



ud011-1.jpg


たたずまい 【佇まい】
・ 立っているようす。また、そこにあるもののありさま。そのもののかもし出す雰囲気。
・ 身を置くところ。暮らし方。また、なりわい。


りんが着実に成長出来たのはダイキチのおかげ。でもコウキやコウキママ、他の子供や親などとふれあうことが出来たのも大きな要因ですよね。
気軽に話が出来てコミュニケーションが取れるようになったのはダイキチと一緒に暮らしていたからでしょう。生活環境って大事なんだと思いました。

歯が生え変わるのは大人になるための準備なんですよね。元から意味のない歯は生えてこないように、ダイキチがりんと暮らすことにも意味がある。
育てる人がいないから、親だからとかではなくて、そこに 鹿賀りん という一人の人間としての存在意義がすでにあって共に成長している事実がある。
個人の生き方は別々だけど、お互い生きている時間を共有しています。大変なことばかりだけど、一緒に笑えたり喜べたり出来る。そんな 『佇まい』。

歯もカケたりグラついたりして落ち着かないときもありますが、人も成長するにつれてだんだん落ち着きが出てきて 『佇まい』 がしっかりしてきますよね。
宋一の葬式のときリンドウの花の前に立っていたりんの姿と、墓前に立つりんの姿。成長したのは身体だけではなく精神的にも成長したんだと感じます。
ED曲 「High High High」 の歌詞にありますよね。『大切なのは今、君のぬくもりを感じること』 『まいあがる風にのり 歌えライライ 声も飛び跳ねる』
育児も生活も大変です。けどそれを成し遂げた人にしかわからない喜びがあるんでしょうね。そんな気持ちが伝わってくる歌詞です。2期、待ってますよ!

関連記事

テーマ: うさぎドロップ
ジャンル: アニメ・コミック



コメントの投稿

非公開コメント

Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。