物理的領域の因果的閉包性


花咲くいろは 第25話 「長者に二代なし」

2011-09-19 2011



hi25-2.jpg


タクシーの中で口紅をしていたのに、なぜ? 喜翆荘に到着するまでの間、皐月は本気で泊まるつもりだったんじゃないでしょうか。
到着してから驚かせようとしたのに誰も出迎えない。中に入ると言い争う声が聞こえる。そのとき即座に口紅を落としたんでしょうね。
ひらめいたらすぐ行動に移す。緒花そっくりです。ああやっぱり親子なんだ、緒花が活躍しない分を皐月が、女将が、全部持っていった。


長者に二代なし 【ちょうじゃににだいなし】
長者の子は甘やかされて育つので、二代目で富を失ってしまうということ。

やはり縁と崇子のやり方には無理があったんでしょうね。女将はそれを知っていたから跡を継がせなかった。そして悩んだ末の閉店。
ぼんぼり祭りを成功させること。それはつまり一人一人が輝きを放ち、神社までの花道を照らす。それが 『ぼんぼる』 であり 『おもてなし』。
『望み札』 はそれぞれの気持ち。みんなが同じ方向で、同じ意思で神社に向かう人たちを照らそうとしないといけないということだと思います。

はなむけ 【餞/贐】 は餞別の意味ですが、語源は、旅人の道中の安全を祈願し、馬の鼻先を行き先の方向に向けた習慣から(鼻向け)。
喜翆荘従業員の間違った方向性を正したのは女将と皐月でした。馬の鼻先を向けるように、自分たちが実践し、背中を見せたんですよね。
「好きにすればいい」 と言った本人が、花道を飾るはずの女将が、自らぼんぼって花道を照らしている。「立つ瀬がない」 とはこのことです。
しかし二代目(仮)の後始末を乗り越えた喜翆荘はどうなるんでしょうか?皐月が跡を継ぐ?皐月と孝ちゃんが結婚?ほら、緒花ぼんぼれw

関連記事

テーマ: 花咲くいろは
ジャンル: アニメ・コミック



コメントの投稿

非公開コメント

Copyright © 物理的領域の因果的閉包性 All Rights Reserved.